刑事問題

刑事事件も私撰弁護人も引き受けます

  • 身に覚えがない事実で警察に逮捕された。どうしたらいいのでしょうか?
  • 接見禁止と言われた。家族のことが心配です。家族と連絡を取るにはどうしたらいのでしょうか?

刑事手続きの流れ

@捜査
@捜査の開始
A警察での捜査
※ 強制捜査
捜査は任意が原則ですが、犯人に逃げられたり、証拠を隠されたりする可能性がある場合、強制的に捜査を行う。
例:逮捕、捜索・差押えなど
B検察庁への送致
警察は、被疑者逮捕から48時間以内に被疑者を事件記録と共に検察庁へ送致する。
検察官は、被疑者を留置する必要がないと考えたときは被疑者を釈放し、留置の必要があると考えたときは被疑者を受け取ってから24時間以内に裁判官に勾留の請求をしなければならない。
C勾留質問
D被疑者の勾留
勾留期間は原則10日、やむを得ない事情があるとき、検察官の請求で、更に10日を越えない限度で延長できる。
勾留段階では保釈請求はできない。
F検察官の捜査
検察官は、最終的に被疑者を起訴するかどうかを決定する。
起訴便宜主義:起訴するかどうかは検察官の裁量に委ねている
A公訴提起

刑事裁判は、検察官が裁判所に対し裁判を求めること(起訴又は公訴提起、具体的には起訴状の提出)によって開始される。 ※被疑者・被告人:捜査機関から犯人と疑われている人を被疑者といい、検察官がその人を起訴すると被告人と呼ばれる。
テレビや新聞では容疑者(被疑者)被告(被告人)と呼ぶこともある。

B裁判所での手続き
@起訴状受理と公判前の手続
A公判での手続き
(1)冒頭手続
(2)証拠調べ
(3)論告・弁論手続
(4)判決言渡し
(5)控訴:判決に不服がある場合、控訴することができる

被疑者・被告人の権利

@黙秘権
答えたくない質問に対しては答を拒むことができる。また、始めから終わりまで黙っていることもできる。黙秘したことで不利に扱われることはない。
A弁護人選任権
相手方である警察官・検察官が法律の専門家であるのに対し、被疑者・被告人は対等な防御をするだけの専門的知識を持っていないのが普通ですので、法律的能力を有する弁護人に弁護をして貰うことができる。
私選弁護人 被疑者、被告人又はその近親者が選任する弁護人
国選弁護人 裁判所が被疑者・被告人のために選任する弁護人

弁護人の活動

@捜査段階
逮捕されないよう、勾留されないよう、又は勾留が延長されないように、弁護人は活動します。例えば、被疑者に有利な証拠を集めたり、被害者と交渉したり、担当警察官及び担当検察官と面会したり、勾留や勾留延長の裁判所の決定に異議を申し立てたりなどします。 また、10日間、20日間と自由を奪われ、留置場に押し込められ、警察官及び検察官の取り調べを受けていると、誰しも、ついつい気弱になり、早く楽になりたい、この場を何とか逃れたいという気持ちにかられ、法廷で真実はきっと明らかになると考え、やってもいない犯罪実を認めたり、自分に不利な真実と異なる事実を認めたりしたということを耳にします。 弁護人は勾留されている被疑者と面会し、励ましたり、いろいろと助言をしたりします。
A公判段階
被告人の主張を裏付けるための活動をします。例えば、検察官請求の証人に対し反対尋 問をしたり、被告人に有利な証言をして貰える証人の申請や証人尋問をしたりします。 また、保釈請求をします。

私の想い

公判の現実は「調書裁判」といわれており、その多くは捜査のおさらいにしか過ぎず、被告人が絶望感を味わうことが少なくありません。
したがって、弁護人は、捜査段階から選任することが重要です。
ご都合にあわせてまずはお電話ください。097-547-0008

「離婚問題、遺産相続問題、契約問題、借金等の問題は、大分県大分市のショオ後藤法律事務所へお任せください!」

取扱業務

24時間TEL受付可

全国からご依頼を承っております。

今度こそ勝訴したい方、まずはお電話ください。

【民事・刑事・商事・家事・法律全般】

月〜金  9:00〜17:00

ただし、緊急受付は、17:00以降も可

法律相談料: 来所・TEL、共に30分¥6,000+消費税
夜間及び土日祝日は50%増

〒870-0889 大分市荏隈526(access map

24時間受付可  TEL:097-547-0008

※ご予約はお早めに!

  • 個人の方のご予約はこちら
  • 法人の方のご予約はこちら

LGBT

LGBTを応援しています。